とある魔王の植物観察

最近食物観察かも?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

Cryptocoryne cf.spiralis

インド便が入荷して一週間が暮れました。
さてウチの水中組は水面に浮かべて一週間経過後・・・、
Cryptocoryne spiralis_M1
クリプト cf.スピラリスの赤タイプです。
スピラリスと思われるものは今までにも結構来ていましたが、
この色合いはあまり見たことなく新鮮ですね。^^

Cryptocoryne spiralis_M2
模様も綺麗です。
色の持続は難しいと思いますが、まあ頑張ってみます。

Hygrophila cf.schulli_1
あとハイグロ cf.スクリィも入手してきました。
上から見ると普通っぽいですが・・・。

Hygrophila cf.schulli_2
棘付きです。^^
ググってみましたが水中化した画像は(当然ながら)ありませんでした。
まあ試しに水中化トライしてみます。^^;


スポンサーサイト
  1. 2012/08/26(日) 19:39:21|
  2.  Cryptocoryne|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::6

Araceae sp.'Ratnagiri'

今日こちらの天気は晴れのち雨、所により局地豪雨でしたが皆さんのところは如何でしたでしょうか?
雨は酷くなかったものの、雷のおかげで小刻みに停電していましてこちらは散々でした。

時間を戻すこと数時間前、今回入荷したカミハタインド便を見るべく
受け継ぐもの
ココにいました。(爆)
私が後にした5分後にはせーらむさんが来られていたようですね。
なんか数日前にも同じようなことがあったような・・・。OTL

Araceae sp._india1
自生地画像の葉っぱだけを見る限りスルーの予定だったのですが株に球根がついており、
イモマニアの私としては当然の導入となりました。

Araceae sp._india2
新芽・・・店主様と話していましたが昔カメルーン便で来ていたインボイス・サウルルスのような質感でした。

Araceae sp._india3
はい、典型的な球根サトイモですね。
全体的な形は手持ちだとTyphonium属などに似ている印象ですが、
自生地が若干外れていますので運良く開花したら検証してみたいと思います。

  1. 2012/08/18(土) 22:26:03|
  2. Araceae|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::6

Drimiopsis purpurea

Drimiopsis purpurea2
昨日雨上がりのベランダに目を向けると、
ビカクと共にふと目に留まったのがこの植物、ドリミオプシス・パープレアです。
水玉模様の葉っぱが綺麗ですね。^^
去年は夏の直射日光で葉焼けしたので、今年は若干遮光して育てています。

Drimiopsis purpurea3
葉っぱの縁は細かいウェーブとなっています。

Drimiopsis purpurea4
裏側は種名がらみなのか全体に紫色ですね。

Drimiopsis purpurea
今年5月には花が咲きましたが、・・・地味な花です。^^;


  1. 2012/08/15(水) 21:51:52|
  2.  Drimiopsis|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::4

Platycerium alcicorne

近畿地方の今朝方は大雨で、雨の音で目が覚めてしまい寝不足のハゲ魔王です。
ふと外へ出てみると雨を浴びて生き生きとした植物が・・・。

Platycerium alcicorne
ビカクシダの一種、アルキコルネです。
原産はアフリカ南東部とマダガスカルで、温帯域出身のことから
アフリカ産の原種の中では比較的育てやすい印象です。
光はかなり好きなようで西日さえ遮ってやれば、今の時期の太陽光でも葉焼けせずに育ってくれます。

Platycerium alcicorne2
胞子葉は切れ込みが深くシャープな印象ですね。

Platycerium alcicorne3
新芽・・・結構肉厚です。

Platycerium alcicorne4
貯水葉を横から。
この株はアフリカ産で全体的にライトグリーンですが、
マダガスカル産は白っぽく見た目の印象が大分違うのが面白いです。^^

  1. 2012/08/14(火) 11:00:29|
  2.  Platycerium|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::5

Schismatoglottis cf.wallichii

Schismatoglottis cf.wallichii2
今年3月入荷のLA便Schismatoglottis cf.wallichiです。
導入後5ヶ月経過で葉っぱ3枚展開しました。
同時期に導入されて既に大株に成長しているところもあるようですが、
ウチはミズゴケ植えの為か成長はゆっくりです。
まあ、収容スペース上願ったり叶ったりなんですが。

Schismatoglottis cf.wallichii3
全銀の色が残るか若干不安でしたが問題ないようですね。^^
月2~3回、ハイポネックス希釈液で鉢の上から水通しをして成長を見守ってきましたが、
大型化を遅らせるべくそろそろ肥料は切りたいと思います。

  1. 2012/08/05(日) 19:59:06|
  2.  Schismatoglottis|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。