とある魔王の植物観察

最近食物観察かも?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

Bucephalandra sp.'apple-leaf'

Bucephalandra sp.apple-leaf1
今回はブセファ.アップルリーフです。
私のは2便目なので入荷は去年の9月ですが、
結構成長早いのか順調に増えています。
Bucephalandra sp.apple-leaf2
水上だと茶色っぽい印象ですが・・・。
Bucephalandra sp.apple-leaf3
写真がヘボでラメ感が表現できていませんが、
水中だと見る角度によって葉っぱの色が違って見えて綺麗です。
クアラクアヤン2系でしょうか?
Piper3.jpg
ラメといえば昨年末の忘年会でPG便で頂いたピペルがえらいことになっていました。^^;


スポンサーサイト
  1. 2012/06/24(日) 20:02:59|
  2.  Bucephalandra|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::8

Arisaema ciliatum var.liubaense

近畿エリア、台風接近していますねー。
台風に備えて外にぶら下げてあるビカクシダなどを室内に取り込んだ為、
部屋の電気消したらオバケ屋敷のようです。^^;

それはさておき天南星の開花もそろそろ終盤に差し掛かってきました。
Arisaema ciliatum var.liubaense
Arisaema ciliatum var.liubaenseです。
中国は四川省原産の天南星ですね。
うちで育てている中では高さ約1mと背が高く大型の部類になります。

Arisaema ciliatum var.liubaense2
葉っぱは細かく分かれてカッコ良いです。^^
一見天南星に見えませんが・・・。

Arisaema ciliatum var.liubaense3
仏炎苞は相変わらずです。^^
コレとは別に種から育てたものも、いくつか実生苗が出来ましたので来年の楽しみが出来ました。


  1. 2012/06/19(火) 20:15:49|
  2.  Arisaema|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::5

Platycerium 'African oddity'

Platycerium African oddity
前回に続きビカクの記事になりました。
quadridichotomumとstemariaの交配種African oddityです。
水を切らさなければ元親の2種よりは癖無く育つ印象です。
胞子葉はビフルカツムのシャープな感じに比べ無気力な感じですね。

Platycerium African oddity2
そして貯水葉・・・よく見るとカマキリの赤ちゃんが。^^
すいません私の腕とカメラではこれが限界でした。--;
他にもたくさん居たので卵が近くにあったんでしょうが、
マンションの4階まで登って生むものなのかな?

  1. 2012/06/16(土) 21:36:50|
  2.  Platycerium|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::6

Platycerium bifurcatum cv.

蒸し暑くなってきましたねー。
へばる人間に対し、熱帯・亜熱帯の植物は急速に元気になってきました。
Platycerium bifurcatum cv1
今回はビカクシダの1種、ビフルカツムです。
一番一般的なものですが温帯域原産の為、日本の環境に馴染みやすいので育てやすいです。
存外に光を好む種が多く、当方では午前中直射日光が当たる環境で育てています。
難物系(madagascariense、quadridichotomumなど)は若干遮光したほうが良さそうです。

Platycerium bifurcatum cv2
胞子葉・・・、先端で枝分かれしてカッコ良いです。^^

Platycerium bifurcatum cv3
貯水葉・・・ヘゴ板を巻き込むサイズになってきているので
そろそろ植え替え時期かもしれません。^^;

  1. 2012/06/10(日) 19:21:41|
  2.  Platycerium|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::10

Anubias gigantia

さて今回は先日ギニア便で入荷のアヌビアスです。
最近のギニア便のアヌビアスは細葉系ばっかりというイメージでしたが、
今回はバラエティ豊かでしたね。

Anubias gigantia1
Anubias gigantia 'Zohoyea'です。
デカいです。^^;
が、三つ出の葉っぱがめちゃカッコ良いです!

Anubias gigantia2
耳も長くて素晴らしい・・・。^^
今まで”ギガンティア”で来ていたのとは耳の長さを含め違う雰囲気ですね。
どう化けるか楽しみです。^^

  1. 2012/06/07(木) 21:11:00|
  2.  Anubias|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::5

Aponogeton 'compacta'

最近更新が週イチになりつつあるハゲ魔王です。
すいませんサボリ気味ですね。

Aponogeton undulatus x crispus compacta1
今回の記事はアポノゲトン・コンパクタです。
2010年9月のスリランカファーム便での入荷ですね。
Rootsさんで猛烈に薦められたので購入しました。
大きくならないし模様も綺麗と良い草だと思います。^^
Aponogeton undulatus x crispus compacta2
上から。
増殖はシューターみたいなものを伸ばして子株を形成するタイプです。
シューター1本から10株は楽に取れました。
肥料喰いなので大磯では難しいかなと思っていましたが、
週一回ハイポネックス希釈液の底面注射で問題なく育つようです。

  1. 2012/06/03(日) 21:19:42|
  2.  Aponogeton|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::8
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。