とある魔王の植物観察

最近食物観察かも?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

Dipteris lobbiana

Dipteris robbiana1
SnowDropさんがボルネオで採集されたヤブレガサウラボシです。
属名のディプテリスは”二つの翼”と言う意味だそうで、名称負けしない綺麗な葉っぱですね。

西表島のDipteris conjugataにも言えますが、野生株の導入は着状態が全てを左右しまして、
根の大半が切られているなど着状態が悪ければ高い確率で枯死します。
逆に着状態が良く水を切らさなければ割とすんなり育ってくれます。

Dipteris robbiana2

新芽も綺麗ですね。^^

スポンサーサイト
  1. 2012/01/31(火) 21:15:43|
  2.  Dipteris|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::14

Cryptocoryne striolata

Cryptocoryne striolata1
すいません。撮影前にコケを落とそうとしたんですが完全に削れませんでした。(泣)
AS便でAssanより入荷のクリプトコリネ・ストリオラータです。
葉っぱの模様が大変美しい種類ですね。
クリプトの中では珍しくランナーを出しにくいものの、結実は同属の中では容易な方ですので種子繁殖がメインになると思います。
(ランナー増殖の事例もwebで見たことありますので全く出ない訳では無さそうです。)

Cryptocoryne striolata2
そういう性質のためか年中花が咲いています。(笑)


  1. 2012/01/28(土) 22:26:02|
  2.  Cryptocoryne|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::8

Piptospatha sp.

Piptospatha sp.1
2009年10月にAZ便でリンガ島より入荷のピプトスパサです。
細葉と赤い葉柄が印象的ですね。^^
葉柄の赤は持続せずに時間とともに緑に変わっていくようです。

Piptospatha sp.2
葉っぱの裏っ側。
持続すれば綺麗なんだけどなぁ・・・。

  1. 2012/01/25(水) 20:48:40|
  2.  Piptospatha|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::4

Bucephalandra sp. 'Sanggau'

さて今回はブセファランドラにご登場いただきたいと思います。
昨年は一気に注目が集まりいろいろなタイプが入荷しましたね。
TBさんのパールグレイ、AZさんのディープパープルは元より、
新鋭LA便のカユラピスシリーズなど個性的で面白かったです。

スペースの問題でシンタンカユラピス1・2を導入し損ねたのは昨年最大の失策でしたが・・・。(血涙)
尚、”60cm水槽10本あってなんでスペースが無いねん”というツッコミは却下させて頂きます。

まあそれはともかく、昨年のブレイク前にも入荷はありまして、
Bucephalandra sp. Sangau

2009年2月にTB便で入荷のsp'Sanggaw'です。
先日再入荷した'Sekadau2'と同じく大型タイプですね。
約3年経過でサイズ的には倍程度なので、成長はかなりゆっくりです。
まあ真面目にやればもっと早いと思いますが・・・。
うちは基本植えて放置ですので・・・。

Bucephalandra sp. Sangau2
入荷時根茎に付いていたモスも綺麗に繁殖してグランドカバーとなっています。^^

  1. 2012/01/22(日) 19:32:58|
  2.  Bucephalandra|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::8

ギニアンファン2008

ギニアンファン1
2008年11月にギニア便で入荷のシダです。
成長はゆっくりながら、大きくならずに育ちます。
先のカメルーン便のシダもそうですが、アフリカからは面白いものが結構来ていますね。
アフリカ便の見通しは明るくないようですが、できれば今後も入荷して欲しいものです。

ギニアンファン2
ボルビにしては根茎這わないし、って思っていたら・・・。^^;

チャセンシダ科としていますが、私の認識が違っているようでしたらご指摘お願いできればと思います。

追記 チャセンシダ科アスプレニウム属のようです。souyaさんありがとうございました。

  1. 2012/01/20(金) 20:39:46|
  2.  Asplenium|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::8

Anubias gracilis

Anubias gracilis
2007年11月にギニア便で入荷のアヌビアス.グラキリスです。
種名のgracilisは”繊細な”という意味ですが、
名に反して矢じり型の逞しい葉っぱが展開しています。

Anubias gracilis2
ナナが低光量に耐える為、陰性植物のイメージが強いアヌビアス属ですが
意外と光は好きなようで、当方では水温の上がる5月半ば~10月半ばあたりまではビオで育てています。
年々根茎も太くなっていきまして今では足の親指位の太さです。
ってそろそろ植え替えしないと・・・。^^;

  1. 2012/01/17(火) 20:57:00|
  2.  Anubias|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::10

Cryptocoryne bullosa

さて前回に続きクリプトコリネです。

最近ブセファランドラに注目が集まりそれに押されて昨今入荷が減ってきてはいますが、
結構魅力的な種類もあります。

プライベート便で入荷する種類でアクアリウムに使えるのも結構ありまして、
当方ではアウリクラータ、ブローサ、ヒュードロイ、ストリオラータ、ウエノイなどは水中管理です。

まず上から
Cryptocoryne bullosa
・・・カオスだ。(自嘲)
混み合っていて分かりにくいですが中央付近のが2009年11月にAS便で入荷のブローサです。
怪しい色合いと強烈な凸凹葉が魅力的ですね。

続いて前から
Cryptocoryne bullosa2
・・・水の状態あんましよろしくないなぁ。(自嘲その2)
ま、それはともかく経年ソイル(4年目)と相性が良いのかかなり大型化してきました。

増殖はランナーがメインで、あちらこちらに子株が発生するのが欠点と言えば欠点ですね。
あと水換えの際pH調整剤の入れすぎなどには、割と過敏に反応しますのでその点は注意が必要です。

  1. 2012/01/15(日) 19:39:01|
  2.  Cryptocoryne|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::10

Cryptocoryne pontederiifolia 'MERAH BESAR' 

クリプトコリネは最近入荷が少なくなりましたね。
私はかれこれ5年半前位から育ててきましたが寂しい限りです。

比較的環境の変化に敏感に反応して溶ける種類が多い属なので、
育てるの難しいとの先入観から敷居が高いのもあるかもしれません。
まあそれ以外の人的要因も大きいのでしょうが・・・。

とはいえ比較的強健な種もありまして

Cryptocoryne pontederiifolia2
昨年7月にインドネシアファーム便で入荷の通称”赤ポンテ”です。
通常は緑の葉っぱですが茶色で来ました!
ご覧のとおり現地葉?は5ヶ月経った今でも綺麗に残っています。

Cryptocoryne pontederiifolia
丈夫ですが人工環境で茶色を残すのは創意工夫が必要のようです。
当方の環境は用土ソイル100%、蛍光灯1灯でこうなりました。
光はもう少しあった方がよいかもしれませんね。

よく見たら鉢の下からランナーの子株が出ていましたので水中でも試してみたいと思います。

  1. 2012/01/11(水) 19:20:52|
  2.  Cryptocoryne|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::8

Crinum natans

さて今回ご登場いただくのはクリナムです。
名前はご存知の方も多いと思いますが、デカくなる・一度植えたら動かせない(と言うより抜けない)と言ったマイナスイメージからおそらく育てられることは大変少ない水草でしょう。
水生の種類も少ないのでコレクション性もいまいちですし・・・。

流石にアクアで使うのは難しいですが、以前Rootsさんで水上栽培されている写真を見せて頂いたことがありまして私も試してみました。


Crinum natans
昨年9月にカメルーン便(リオ)で入荷のクリナム・ナタンスです。
サトイモ・シダ系と同様の加温密閉環境で育てていまして、葉っぱの特徴はなんとか維持されています。
お花も綺麗なんですよー。

Crinum aquatica
こちらは同便のクリナム・アクアチカ、ネットで調べたところではナタンスと同種という記述もありますが詳細は不明です。
葉っぱはナタンスより細い感じですね。



  1. 2012/01/09(月) 10:22:19|
  2.  Crinum|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::5

Homalomena sp.’コーヒーフォリア’

よそのブログでビロードタイプのホマロメナをよく目にしますが、やっぱり綺麗ですね。
私も好きでいくつかは所持しております。
とはいえ陰に隠れて目立たない地味っ子ちゃんもいるわけでして、
たとえばコレ

Homalomena sp.コーヒーフォリア
AZ便で2009年9月入荷のホマロメナ・コーヒーフォリアです。

Homalomena sp.コーヒーフォリア2
赤い新芽が徐々に緑に変わっていくタイプです。

非ビロードですけど葉っぱは硬い感じですし夏場は観葉植物化できますので
これはこれで面白いと思います。
尚、入荷時とサイズがあまり変わっていないのは育てる人間がポカした為です。(泣)

  1. 2012/01/07(土) 20:53:26|
  2.  Homalomena|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::5

Haworthia reticulata var.hurlingii

皆様こんばんは。
私は今日から仕事始めでした。いやー7日ぶりにスーツを着るとベルトがきつい。

はい。また一回り大きくなりました。(凹)

そういえばGreenNoteさんで買ったハオルチアまだ公開していませんでしたね。
Haworthia reticulata var.hurlingii

相変わらずピンボケですいません。
古い葉は赤くなるようでナカナカに綺麗です。
obtusa系も欲しいかなと思う私はそろそろ黄信号かもしれません。

主な成長期は春と秋とのことですので暖かくなるまで水控えめで育てたいと思います。

  1. 2012/01/05(木) 21:41:06|
  2.  Haworthia|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::7

年末年始連休最終日

アクアな忘年会に始まりブログの立ち上げと今回の年末年始連休、今までに無く充実して過ごせました。
忘年会の参加者様、GreenNote店主様・店員様、忘年会に景品を提供頂きましたRoots様及びリンクいただきました皆様方、本当にありがとうございました。

では引き続きカメルーン便ネタで。

亀羊歯1

2009年4月入荷(リオ)のカメルーンファンです。

亀羊歯2

毎度写り悪くて申し訳ないですが、ぽつぽつと丸いソーラスが展開してきました。
葉長15cmでソーラス出現ということは小型種でしょうか。

水中イケるという話も聞いた事ありますが、どうも環境依存なのかうちでは綺麗に成長してくれないです。

尚、私の知識が追いつかない為暫定でウラボシ科としていますが、異論等ありましたらご指摘お願いできればと思います。

  1. 2012/01/04(水) 15:19:00|
  2. Polypodiaceae|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::9

Anubias barteri var.caladiifolia

忘年会編はまだ書き足りない事もありますが他の方にお譲りするとしまして、そろそろ草の紹介など。

昨年9月にカメルーン便(リオ)で来たアヌビアスです。

Anubias barteri var.caladiifolia

ミズゴケと重なっていて分かりにくいですが赤い新芽、深緑の葉っぱ、縁のウェーブと非常に美しいです。
安いが故に軽く扱われがちなアヌビアス属ですが私は高く評価しています。

ただサイズが大きいのが唯一の欠点ですね。(苦笑)

  1. 2012/01/03(火) 15:46:14|
  2.  Anubias|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::11

アクアな忘年会に参加してきました。其の2

では引き続きましてパート2です。

GreenNoteさんを出た後他の参加者と合流して忘年会へ。
Terukiさんも仰っていましたが駅のイメージが別物になっていました。加えてえらい人混み・・。
はぐれたら絶対迷子になるとせーらむさんのジャンパーを必死に追いかけていました。

事情知らない人が見たら絶対ストーカーだよね。(ボソッ)

心底我孫子町で合流しといて良かったと思ったカントリー(=田舎もん)な魔王でした。(汗)

会場は水槽のある居酒屋さんで、中の水草は作り物でしたがナカナカ綺麗に管理されていました。
”今度のレイアウトコンテストあれに負けたら罰金や!”ってどなたかが仰っていたのが記憶に残っています。(笑)
テンションも上がる中、乾杯⇒自己紹介と続き水草争奪じゃんけん大会へ。

私も皆様のご好意によりpiper.jpg
今回の目玉PG便のPiper sp.の下半分をゲットできました。

写真写り悪くて申し訳ないのですが、緑の葉っぱにピンクの点々が入って非常に綺麗・・・。
ロストした日にゃペイジャーさん・他の参加者に髪の毛毟られること間違いなしなので絶対死守です。

あとacid aquaさんが”ルドウィジア・トルネードを水上栽培すると面白い形になる”と仰っていましたので私も後日入手して試してみたいと思います。

引き続いての2次会では他の参加者よりブログの選び方、ブログ名のアイデアなど色々ご教示頂きまして今回のブログ立ち上げと相成りました。

今まで我流で植物を育てていましたが、今回他の方々と意見交換できよい刺激も受け大変有意義でした。
今回参加されました皆さん及び魂の参加者ペイジャーさん、楽しいひと時をありがとうございました。
次集まる機会がありましたら出来るだけ参加したいと思いますので皆様方よろしくお願いいたします。

  1. 2012/01/02(月) 18:13:16|
  2. ETC|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::8

アクアな忘年会に参加してきました。

皆様初めまして。ハゲ魔王と申します。

先日12/30に

Cubic Aquaのせーらむさん(幹事ありがとうございました)
AquaCadeの王虎さん
aquatticのjenuineさん
アクアデイズのteruki1997さん
Aqua-STATIONのaero1126さん
inoAqua.comのinoMetaboさん
UNNATURAL PLANTSのacid aqua2さん
NA-TIME 自然派水草水景のaqua-ismさん
アクアプラファのプラファさん
海の底と陸の上のみずたまりのRENtzさん

とご一緒にアクアな忘年会を楽しんできました。

今まで我流でアクアリウムをしていたのですが、最近同じ植物でも他の方だったらどう育てるのか興味が沸きまして初めてこういった会に参加しました。当日参加された皆様方お疲れさまでした&ありがとうございました。

まず忘年会の前にGreenNoteさんを訪問すべくJR我孫子町駅に集合でしたが・・・。
途中の天王寺駅で阪和線に乗るべく15番乗り場で待っていたら関空快速しか来ないでやんの。
乗り場の時刻表も事前に調べていた時間と合ってたのでまあその内来るだろうと待つこと15分。
流石におかしいと違う乗り場を見て回ったらやっぱり違いました。(泣)

15番乗り場はフェイクかよJR!

まあ時間によってはここが乗り場になるんだと思います。たぶん。

なんとか我孫子町までたどり着くとせーらむさん、王虎さん、aero1126さん、inoMetaboさんは先に着かれていまして名刺まで頂戴しました。
ありがとうございました皆さん。今度までには作っておこうなオレ。
プラファさんも合流した後は6人で一路GreenNoteさんへ。
通販では以前からお世話になっていたので店舗訪問はかなり楽しみでした。

到着してみるとお店の前に並ぶハオルチアとメセン!
(注:ご存知の方も多いと思いますがメセンはオテリアではなく多肉の方です)
ホンマにアクアショップなんかいなと中に入ると左側の水槽に乱舞するコリ軍団、右に水草、隅っこに”早く出せー”と袋の中で暴れているディスカスを筆頭に袋の山。
いやーびっくりでした。

ハオルチアは以前から興味あったので一鉢購入してきました。
アガベの話なども出来て楽しかったです。
魚の水あわせなどお忙しい中ありがとうございました、店主様&店員様。

尚、この時点ではブログ始めることになるなんて全くの想定外でしたので写真は無しです。

では今回はここまで。続編はその内UPします。

  1. 2012/01/01(日) 09:54:40|
  2. ETC|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント::22
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。